*

5歳の子供が食事を食べないとき

毎日暑い日が続きますが、もうすでに夏バテになっていませんか?子供達は大人よりも体温が高いので、バテバテになりやすいですね。少しでもしんどそうにしていたら、とにかく冷やしてあげてくださいね。今回は、5歳の子供達が食事を食べてくれないときの対応について、少し書いてみたいと思います。



スポンサードリンク


 

5歳の子供達の食事

5歳の子供達の食事

5歳の子供達は好き嫌いがハッキリしているので、好きな物はよく食べてくれますが、苦手な食べ物はサッパリ食べてくれません。アレやコレやと様々な方法で、トライしているお母さんも多いと思います。そんなとき、量を食べてくれないと困るより、いかに少ない分量で栄養を全てモーラすることができるかに、焦点を当ててメニューを考えていくと良いです。

 

子供が食べてくれないとき

子供が食べてくれないとき

単にあまり食べたくなくて、食べていないときは良いのですが、食欲がなくなった後に発熱をするということもよくあるパターンです。もし熱が出てきたらどんな食事の対応をしたらよいか、少し書いてみたいと思います。

高熱

高熱が出ている時は、無理に食べさせずに経口補水液を少しずつ飲ませて、様子を見ながらしっかり睡眠をとらせてあげてください。脱水が一番怖いです。

熱が下がってきた

食欲が少し出てきたら、アイスクリームやゼリー、すりおろしリンゴなど、口当たりがよいものが食べやすいです。少しずつでも良いので食べさせるようにしてください。水分補給を忘れずに。

熱が下がったよ

いきなり食欲が回復し、あれやこれや食べたいと申告してきますが、いきなりコッテリ系やガッツリでは消化に悪く、今度は胃腸を壊してしまいます。そこでおすすめなのが、煮込みうどん!いろいろ具を入れておうどんを煮込めば、栄養満点になりますね。しかもお腹にも優しい。煮込みうどんが順調に食べられ、何も症状が出てこなければもう大丈夫です。少しずつでも、ビタミンやミネラル中心のお食事を食べさせてあげてください。

 

元気なのに食べてくれないとき

元気なのに食べてくれないとき



スポンサードリンク


「遊び食い」と言う言葉があるように、子供は少しお腹が満たされるとすぐに「遊び」に走ってしまいます。そんな時、イライラしてしまうお母さんも多いと思います。一体どうしたらちゃんと分量を食べてくれるのだろう?なんて、毎日悩んでいませんか?解決法は、少し考え方を変えてみることです。遊びだしたり、食べてくれなかったりしたら、「今は食べる必要がないんだ」というふうに考えてみてください。

そして、「ごちそうさま」をさせてすぐに、お食事を片づけてしまってくださいね。もし、少したってからお腹がすいたと言い出したら、「おにぎり」「ほしいも」などの軽食を食べさせてあげてください。そうしているうちに、栄養や量もちゃんと取れています。完食させないと!と一生懸命になるのではなく、おやつの時間をうまく活用してくださいね。

 

食べないときの工夫

食べないときの工夫

ここでは、食べないときのおすすめの方法を少し書いてみます。

盛り付けは少なく

少し少ないかな?と思うくらいの量を一枚のお皿(区切りがあるお子さまプレート)に盛り付けておきます。おかわりは、そのプレートが綺麗になってから。綺麗に食べてしまえば、好きな物をおかわりできる仕組みにしておきます。そうすることで、子供はお替りをするうれしさを味わえ、お母さんはこんなにも残して、、、と悲しい気持ちにならなくて済みますね!

食材の大きさを様々作っておく

大人用と子供用、一緒に調理して大丈夫ですが、食材を切り分けるときにいろいろなサイズを作っておきます。子供には小さいサイズを盛り付けてあげることで、食べやすくなりモリモリ食べてくれるかもしれません。

とにかくお腹を空かせる

お腹がすいていたら何でもおいしく感じますし、とにかく何でも食べたくなります。生活のリズムを決めて思いっきり遊んで、思いっきり食べて、思いっきりお昼寝をするという環境を作ってあげてください。

食器に工夫を

子供が興味を持ちそうな食器を使うのも方法です。何種類か用意をして、今日のお皿を自分で決めてもらうのも良いです。

一緒に

子供はお手伝いが大好きです。簡単なことでも一緒に作ることにより、自分で作ったものを食べる喜びを感じ、今まで食べなかった物も食べてくれるきっかけづくりになります。

 

まとめ

いかがでしたか?お食事を食べてくれないと悩むより、もっと軽い気持ちで取り組んでください。気楽に発想の転換をし、親子でお食事の楽しみを見つけると、子供たちも知らず知らずのうちにたくさん食べてくれますよ!



スポンサードリンク


関連記事

5歳ころの子どもと食事を楽しむ3つのポイント

5歳ころの子どもと食事を楽しむ3つのポイント

5歳頃の子どもの食事は、食べられるもの・食べる量がどんどん増えてきます。その反面、好き嫌いも出てきま

記事を読む

出産祝いを贈る時期とその由来とは?郵送で贈るのは失礼にあたる?

出産祝いを贈る時期とその由来とは?郵送で贈るのは失礼にあたる?

出産祝いを贈るときは誰でも迷うものです。何を贈るのか、時期はいつ頃が良いのか…、持参すべきか郵送でも

記事を読む

6歳の娘の言動にイライラ…!これって反抗期?どう対処する?

6歳の娘の言動にイライラ…!これって反抗期?どう対処する?

毎日のように娘と喧嘩…言う事を聞かない6歳の娘に、イライラが爆発!このように、6歳の娘さんを持つママ

記事を読む

発達障害と言葉の遅れ・・・5歳の子供たち

発達障害と言葉の遅れ・・・5歳の子供たち

みなさんは、自分の子供を同じくらいの年齢の子供たちと、よく比べたりしますか?それによって、不安になっ

記事を読む

今すぐやるべき!5歳児の身長を伸ばす方法とは

今すぐやるべき!5歳児の身長を伸ばす方法とは

体格差は目につきやすいため、周りの子と差がわかりやすいですよね。背が低い、太っているなど、我が子の体

記事を読む

出産祝いを贈る時期と病院に持参するときのマナー

出産祝いを贈る時期と病院に持参するときのマナー

出産したという知らせを聞くと、嬉しい気持ちと同時に気掛かりなのは出産祝いのこと。どんなものを、どうや

記事を読む

幼稚園や保育園では、5歳の食事はどこまで援助してくれるのか?

幼稚園や保育園では、5歳の食事はどこまで援助してくれるのか?

「食事の援助」と聞くとつい介護現場を想像しそうですが、子供への食事の援助はサポートのようなものです。

記事を読む

出産祝いを贈る最適な時期はいつ?ご自宅へ訪問するor配送?

出産祝いを贈る最適な時期はいつ?ご自宅へ訪問するor配送?

兄弟姉妹・親戚・友人・職場の方、日ごろ自分と付き合いのある方に赤ちゃんが誕生したら、出産祝いを贈るこ

記事を読む

5歳が自転車に乗れるちょっとしたコツ。もう乗れないなんて言わせない!

5歳が自転車に乗れるちょっとしたコツ。もう乗れないなんて言わせない!

もうすぐ小学校入学を控えた5歳。周りを見ると自転車にスイスイ乗れている子も多く、うちの子大丈夫かしら

記事を読む

5歳の子供たちにふさわしい食事量

5歳の子供たちにふさわしい食事量

みなさまのお子様たちは、お食事しっかり食べてくれますか?食事量の多い子、少ない子、様々だと思います。

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

発達障害と言葉の遅れ・・・5歳の子供たち
発達障害と言葉の遅れ・・・5歳の子供たち

みなさんは、自分の子供を同じくらいの年齢の子供たちと、よく比べたりしま

6歳向けのおススメおもちゃ・選び方のポイント
6歳向けのおススメおもちゃ・選び方のポイント

6歳になると、集団生活にもだんだん慣れてくる時期です。今までパパやママ

6歳を過ぎても治らないx脚やо脚の原因は?子どもの足の成長
6歳を過ぎても治らないx脚やо脚の原因は?子どもの足の成長

子どもの足の成長は、6歳までに大きく変化すると言われています。という事

6歳の夜泣きの原因と対処法・もしかして夜驚症かも?
6歳の夜泣きの原因と対処法・もしかして夜驚症かも?

「夜泣きは赤ちゃんがするもの」「大抵の子供は1歳~2歳頃までに夜泣きを

6歳の忘れっぽい性格を何とかしたい!障害の可能性は?
6歳の忘れっぽい性格を何とかしたい!障害の可能性は?

教科書を忘れた・学校の宿題を忘れた・大切なプリントは引き出しの奥にしま

→もっと見る

PAGE TOP ↑