*

6歳の忘れっぽい性格を何とかしたい!障害の可能性は?

教科書を忘れた・学校の宿題を忘れた・大切なプリントは引き出しの奥にしまったまま…。こんな子どもいますよね。いつもいつも大事なことを忘れている子どもに、ママの怒りは頂点に!今回は、6歳の子どもの忘れっぽい性格を直す、家で実践できる方法と、障害の可能性についてご紹介します。



スポンサードリンク


 

後回しはやめる

後回しはやめる

「明日の準備は明日やろう」「宿題はテレビを見てからやろう」「プリントはママに言われてからでいいや」。今やればいいのに、ついつい後回しにしてしまうことってありますよね。

大人なら直前になって思い出し、ぎりぎり間に合わせることも可能ですが、6歳の子どもはなかなかそうはいきません。大事なことを、後回しにしないためにはどうしたらいいのか…。

それは、「学校から帰ってきたらやること」を紙に書いてリストアップし、目につくところに貼っておきましょう。これなら忘れっぽい子でも忘れませんし、毎日行うことで習慣づけることができます。

 

整理整頓をする

整理整頓をする

家の中が整理整頓されていないおうちの子は、物事が忘れっぽい傾向にあると言われています。なぜかというと、必要なものがどこにあるのか、わからないからです。どこに何があるのかがわからないと、6歳の子どもは「もういいや」となってしまうのは当然ですよね。



スポンサードリンク


まずはリビングや子ども部屋から、整理整頓を始めましょう。親が手本を見せることで、子ども自ら片づけるようになります。

「学校から帰ってきたらやること」のリストアップと合わせて、「持ち帰ったプリントの定位置」を作ったり、「明日学校に持っていくものボックス」を作ると忘れ物が減るでしょう。

 

忘れっぽい子どもの特徴・ADHD(注意欠陥多動性障害)かも?

忘れっぽい子どもの特徴・ADHD(注意欠陥多動性障害)かも?

忘れっぽい子どもの特徴として、「話を聞かない」「集中力が続かない」「癇癪を起こす」などが挙げられます。これは、ADHD(注意欠陥多動性障害)の特徴ともよく似ています。

幼稚園・保育園までは、先生のフォローがあって目立たなかった部分も、6歳になり小学生になると、それらの特徴が目立つようになってくる子が多いです。子ども時代には「忘れっぽいね」で済まされることも多いですが、大人になると苦労する方が多いそうです。

ADHDの診断には、専門医の診察が必要になります。まずはご家庭での子どもの様子をよく観察し、学校での様子を聞いてみましょう。それらをメモし、診察時に持参するとスムーズに進みます。

 

まとめ

忘れっぽい性格を直すためには、家庭での生活習慣が大切ですね。障害の可能性が疑われる場合は、早めに医師の診断を受けるといいでしょう。



スポンサードリンク


関連記事

6歳の夜泣きの原因と対処法・もしかして夜驚症かも?

6歳の夜泣きの原因と対処法・もしかして夜驚症かも?

「夜泣きは赤ちゃんがするもの」「大抵の子供は1歳~2歳頃までに夜泣きをしなくなる」そんな情報を目にし

記事を読む

6歳の運動機能の発達の目安とチェックポイント

6歳の運動機能の発達の目安とチェックポイント

幼稚園年長~小学校1年生までの6歳は、運動機能が成熟し、活発で俊敏に動くさまを見ることができます。ボ

記事を読む

6歳からヴァイオリンを始めるのは遅い?どうやって始める?

6歳からヴァイオリンを始めるのは遅い?どうやって始める?

音楽系の習い事として、ピアノとともに人気があるのがヴァイオリンです。今も昔も、ママたちの間では人気の

記事を読む

6歳の子どもの理解力について・理解力が低いと感じたら

6歳の子どもの理解力について・理解力が低いと感じたら

子どもが6歳にもなると、大人の言っていることは、大抵理解しているだろうと思いますよね。しかし、大人の

記事を読む

6歳に喜ばれるプレゼントは?女の子向けのクリスマスや誕生日プレゼント

6歳に喜ばれるプレゼントは?女の子向けのクリスマスや誕生日プレゼント

クリスマスや誕生日、お子さんへプレゼントを買う機会は年に数回あります。そのたびに、何を買おうか、何を

記事を読む

6歳を過ぎても治らないx脚やо脚の原因は?子どもの足の成長

6歳を過ぎても治らないx脚やо脚の原因は?子どもの足の成長

子どもの足の成長は、6歳までに大きく変化すると言われています。という事は、6歳を過ぎても足の形がx脚

記事を読む

6歳の子どものわがままにはどう対処すべき?親がやってはいけない態度とは

6歳の子どものわがままにはどう対処すべき?親がやってはいけない態度とは

「お菓子かって」「まだ遊ぶ」「嫌いだから食べたくない」など、子どもには自己主張があります。しかし、行

記事を読む

6歳が接種すべきワクチンは?忘れないための予防接種スケジュールの管理

6歳が接種すべきワクチンは?忘れないための予防接種スケジュールの管理

ワクチンは子どもが病気にならないようにするために、接種できる時期になったら忘れずに予防接種を受けるこ

記事を読む

6歳にピッタリのリュックのサイズは?子供のリュック選びのポイント

6歳にピッタリのリュックのサイズは?子供のリュック選びのポイント

6歳になり、小学校に入るとリュックを使う機会が増えてくるでしょう。例えば、学校行事である遠足や林間学

記事を読む

6歳向けのおススメおもちゃ・選び方のポイント

6歳向けのおススメおもちゃ・選び方のポイント

6歳になると、集団生活にもだんだん慣れてくる時期です。今までパパやママと一緒に遊んでいた子も、友達同

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

発達障害と言葉の遅れ・・・5歳の子供たち
発達障害と言葉の遅れ・・・5歳の子供たち

みなさんは、自分の子供を同じくらいの年齢の子供たちと、よく比べたりしま

6歳向けのおススメおもちゃ・選び方のポイント
6歳向けのおススメおもちゃ・選び方のポイント

6歳になると、集団生活にもだんだん慣れてくる時期です。今までパパやママ

6歳を過ぎても治らないx脚やо脚の原因は?子どもの足の成長
6歳を過ぎても治らないx脚やо脚の原因は?子どもの足の成長

子どもの足の成長は、6歳までに大きく変化すると言われています。という事

6歳の夜泣きの原因と対処法・もしかして夜驚症かも?
6歳の夜泣きの原因と対処法・もしかして夜驚症かも?

「夜泣きは赤ちゃんがするもの」「大抵の子供は1歳~2歳頃までに夜泣きを

6歳の忘れっぽい性格を何とかしたい!障害の可能性は?
6歳の忘れっぽい性格を何とかしたい!障害の可能性は?

教科書を忘れた・学校の宿題を忘れた・大切なプリントは引き出しの奥にしま

→もっと見る

PAGE TOP ↑